ビットコインはどのようなことに使えるようになるのか

  • 2016年10月24日
  • admin

国際的な決済に使えるように

これからのビットコインはますます国際的な決済に使うことができるようになることでしょう。それが狙いで作られた物であるわけですから、そうなることを予想するのは大凡、正しいことでしょう。但し、価値が安定していくか、というのはまた分からない問題になります。何故かといいますと人気が出れば投機的な取引をしようとする人達が必ず出てくるからです。これはドルでも円でもあるのですから、ビットコインでも確実に起きることでしょう。

資産的な価値を守ることができるのか

今後、ビットコインの資産的な価値は守ることができるのか、というのが至上命題となっていくことでしょう。要するに仮想の通貨ですから、そこに価値を見出す人がいなくなってしまうと価値がなくなります。これはどんな貨幣にもいえることではあるのですが、コンピュータでの通貨であることが価値に対する裏づけがよくわからない、という事態を引起こしていることも確かであり、その点は覚悟しておいたほうが良いといえることでしょう。

新しい概念の通貨です

ビットコインとはまず、そもそもが理解しがたいことでしょう。電子の通貨、といってもその上、仮想通貨でもあるのです、電子マネーとはまた違うことになりますから、本当に新しいことになりますから、なかなか理解し難いようなシステムになっています。偽造がほぼ不可能、ということになっていますがコンピュータの進化というのは本当に侮れないので今後はどうなるのか、ということがわからないです。そうした点を認識しつつ、取引するとよいでしょう。

仮想通貨としてその位置づけに注目されてきたビットコインですが、最新情報によると、モノや通貨ではなく「支払い手段」とみなされる扱いになるようです。

Comments are closed.