少し変わった新入社員の研修内容を徹底的に分析!その研修内容の効果とは?

  • 2016年10月25日
  • admin

旅行を研修とする効果を分析

企業の中には、社員研修に旅行を取り入れている企業もありますよ。特に新入社員は緊張する事も多くありまして、緊張から抑制的な心理作用が働く事もありますよね。抑制的な心理作用は、新しい事を学ぶ事に弊害になる事も起きやすくなります。興奮を引き起こす事によって能動的な思いを作り上げる事も出来ますよ。楽しい気持ちはからは、話したい気持ちを作り上げる効果もありまして、コミュニケーションを活性化させる事に繋げて行く事も出来ますよね。

心理学講座を研修とする効果を分析

企業の中には、仕事と関わりが薄い心理学講座を研修として取り入れている企業もありますよ。心理学の中には自身と関わりが深い内容もありまして、心理的に実感する事も出来ますよね。知識を知る喜びを知る事によって、心理学のみならずあらゆる知識を吸収する思いが養いやすくなるのです。現在の企業の中には、社員同士のコミュニケーションが希薄となり、コミュニケーションの大切さが再認識されている事もあります。何も知らない新入社員にとっては、コミュニケーションの大切さが分からないかもしれません。心理学の知識を予め知っていれば、コミュニケーションに対する大切さを知る事となりまして、新入社員が率先的にコミュニケーションを図ってくれるかもしれませんよ。

未来への手紙を書く事を研修とする効果を分析

企業の中には、あまり見られない研修内容として、新入社員に対して未来の自身へ手紙を書く研修を取り入れている企業もあります。新入社員の中には、未来に対する目標が見えずにモチベーションが下がり、直ぐに転職してしまうリスクを防ぐ事が出来ますよね。未来への手紙を知る事によって、人事異動や人材育成の参考資料とする事も出来ますよ。未来への思考は、新入社員を前と押し進める力も持ち合わせています。新入社員のみならず、働く社員全員で行えば、企業の士気が全体的に高まるかもしれませんよね。

社員研修とは、企業が社員にどのように働いてほしいのかを教育する研修をいいます。研修で、必要な技能や知識を身につけます。

Comments are closed.