企業には必須!ネットワーク監視の要員を雇おう

  • 2016年12月22日
  • admin

ネットワーク監視の重要性とは

情報システムを活用して業務を行う企業が多くなり、ネットワークが常時社内で接続されているのが通常となってきました。社内サーバーを設置するような企業も多くなってきていることを受けて、ネットワークを常に良好な状態で機能させることが必要になっています。一時的なネットワーク障害が起こるだけで現場に動揺が走る状況になっているため、常に監視を行ってネットワーク障害が起こるのを未然に防ぐ試みが企業にとって欠かせなくなっているのです。

ネットワーク監視の人材確保の問題点

ネットワーク監視が必要だと考えて人材確保をするときには問題点が生じます。社内のネットワークについて熟知することが担当するエンジニアにとっては欠かせないことです。しかし、それは社内で敷かれているネットワークについての情報を開示してしまうことになり、企業としては社外秘の情報を提供することになるでしょう。そのため、どのような形で人材確保を行うかが大きな問題になります。機密情報を漏らさないための工夫が必要なのです。

二つの方法から選ぶのがベスト

ネットワーク監視の要員を手に入れようと決めたら二つの方法から選ぶのが安全策です。一つはエンジニアを常勤で雇って監視に当たらせる方法であり、少なくとも定年まで働き続けてもらうつもりで選ぶのが賢明でしょう。もう一つはネットワーク監視を担うネットワーク関係の会社に依頼する方法です。情報漏洩のリスクはありますが、守秘義務の契約を行い、保険もかけておけばリスクは低減されます。この二つから選ぶのが無難な対策になるでしょう。

フロー監視では、回線の混雑状況やLAN、インターフェースの利用状況など、トラフィックの状態をリアルタイムで把握できます。

Comments are closed.